キャバ嬢はお酒を飲めないと稼げない。お酒に弱い子は水商売はやめた方が良い

女性向け記事

キャバ嬢と言えば、若くてもお金を稼げる、時給が高いイメージがある職業ですよね。

 

キャバ嬢を始めようとする女性の中には、

「私ってお酒が飲めないけど、大丈夫かな?お酒にあまり強くなくてもキャバ嬢やってるっていう人の話は聞くし、まずはチャレンジしてみようかな」

と思っている人もいます。

 

私は、キャバクラの送迎を6年間勤めてきました。その間キャバクラの色んな面を見てきました。良いところも悪いところもです。

 

その立場から言いますと、お酒を飲めないもしくは苦手な子はキャバクラはやめておいた方がいいですよ。

キャバクラに長く勤めている子は皆、お酒が好きか、お酒に強いかのどちらかです。お酒が飲めなかったり、苦手な子はなんだかんだ長く続きません。

 

というのも、キャバクラって高級なお酒を中心に置いているんですよ。お客さんも、高級なお酒を頼んで女の子とワイワイ飲みたいと考えています。

 

そういう時に、「私苦手なんです」とか「少しだけなら飲みます」みたいに言ってしまうと、その場の空気がしらけてしまうことにも繋がります。キャバクラによっては、お酒が飲めなくても雇ってくれるところもあります。

 

 

ですが、あなた自身がきつい思いをすると思うんですよ。その場にいずらくなってしまう可能性もあります。お酒を飲めなくても、バリバリに稼いでいるカリスマキャバ嬢が存在するのは事実です。ですが、そのポジションにたどり着くには、美貌や他にとびぬけた魅力が求められますので簡単ではありません。

 

今回は、キャバ嬢の送迎を6年勤めた私が、キャバクラの現実と、キャバクラに勤めなくてもしっかり稼ぐ方法もお伝えしていきます。

 

18歳のキャバ嬢ならお酒が飲めなくてもなんとかなる

キャバクラは18歳以上なら働くことができます。女子高生でも18歳になっていれば可能です。世の中には18歳未満でも働いている子は居ますが、法律違反ですw

 

さて、お酒は20歳以上しか飲めませんので、18歳のキャバ嬢ならば「お酒飲めません」でも通用します。

 

18歳という若さを武器に持っていれば、それだけで満足するお客さんもいるくらいです。かわいがってもらえるでしょう。

 

20歳くらいの子も、「わたし実は18歳なのでお酒飲めません」と嘘をついている場合もあります。

それで許されるかどうかはお店との交渉次第になりますので、どうしてもお酒が飲めないけどキャバクラで働きたいという場合はお店に相談してみましょう。

 

お酒が飲めないキャバ嬢は、トークで盛り上げるか美貌で勝負すべし

私はこれまでキャバクラを見てきましたが、お酒が飲めなくても長く続けている子もいます。その子たちに共通しているのは、トークが秀でていたり、お客さんとの会話を心から楽しめるタイプか、美貌でリピーターを呼べる子です。

 

自分の容姿に自信がある場合は、そこで勝負するのも良いでしょう。お酒が飲めなくても、ルックスが良ければそれだけでリピーターも増えて、しっかり稼げる子もいます。

 

もしくは、お客さんとの会話力ですね。自分がしゃべるトーク力もそうですが、キャバ嬢には聞き上手な力が求められます。自分がしゃべるよりも、お客さんの話を上手に聴いてあげられる子は好かれますよ。

 

特に、どんなお客さんとの会話も心から楽しめる子は、お客からも重宝されます。

 

どんなつまらないおっさんの自慢話であっても、てきとうに受け流すことなく、上手に聴いてあげられる子は、売り上げが伸びます。

 

お酒が飲めなくても、自分をリピートしてくれるお客さんが一定数いれば、キャバ嬢を続けるモチベーションになりますからね。

 

お酒を飲めなくてもしっかり稼ぎたいなら、出会い系で割り切り募集

 

キャバ嬢でお酒を飲まずに稼ごうと思ったら、簡単な道のりではありません。

同じ店のキャバ嬢にも理解して認めてもらうまでに時間がかかる場合が多いです。

周りのキャバ嬢に認めてもらうには結果を出して売り上げを伸ばすしかありません。

売り上げが伸びてくれば、同じ店のキャバ嬢もあなたのことを認めてくれるようになりますから、お酒が飲めなくてもイジメられたりすることは無くなります。

 

そこに到達するまでに辞めちゃう子が多いんですよね。お酒が飲めないのは、キャバクラで働く上ではどうしてもハンデになりますからね。

 

そこで、お酒が飲めなくても稼ぎたい方には、出会い系で割り切りを募集する方法があります。

要するに、身体を売って、お金をもらうわけです。ホテルに直行して、男性とエッチしてお金をもらって解散です。割り切った関係ってことです。

 

お酒は飲むことはありませんし、男性が射精したらそれで終わりです。身体を売ることに抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、効率的に稼ぐには一番です。

 

お酒が飲めないけどガッツリと稼ぎたい方は、一度チャレンジしてみるのも有りかもしれません。

 

出会い系の割り切りで稼ぐ方法は以下に書いています。

・出会い系で割り切り(援助交際)のやり方とコツ

 

最近は、お金の無い女子大生や若いOLの子でも、割り切りで稼いでいる子は多いです。

サクッとお小遣い稼ぎ感覚でやっている人が増えていますね。ちなみに、1回エッチするとだいたい相場として2万円もらえます。

 

お酒は飲めないけどエッチしてお金をもらうのが嫌なら、パパ活をしてみよう

パパ活って言うと、「オヤジに身体を売ってお金をもらうんじゃないの?」って思う方も多いですよね。

 

最近のパパ活はちょっと違います。身体を売る場合と、ご飯やドライブに付き合うだけでお金をもらうパパ活の2種類があるんです。

 

身体を売るかどうかは、パパとの相談になります。そもそも身体を求めていないパパも増えていますから、パパ活=身体を売るというのは一昔前の考え方です。

「身体を売りたくない!デートするだけでお金をもらいたい!」と思うのであれば、そういうパパを探せばいいんです。結構いますよ。

 

パパ活の相場は存在しないようなものです。パパに気に入られれば、月に100万以上もらっている子もいますし、30万以上稼ぐ子もザラに居る世界です。

お酒を飲まず、体も売らず稼ぐんですから、かっこいいですよね。

 

ある意味お酒の力を借りるキャバ嬢よりも、上の存在ですね。

 

パパ活のやり方はこちらに書いています。

 

お酒が飲めなくても稼ぐ方法はちゃんとある

 

若い女性が稼ぐには、キャバクラか風俗かガールズバーしかないんじゃないの?って思う人も多いですが、そんなことはありません。

 

お酒を飲むと体にも負担がかかるし、翌日は二日酔いになるし、疲れます。

 

サクッと出会い系で割り切りをやれば1時間で2万円くらい稼ぐことは簡単ですし、最近流行りのパパ活なら身体を売ることなく稼げる可能性を秘めています(もちろんちゃんとした相手を見つける必要がありますよ)。

 

お小遣い欲しさでチャレンジしてみるのも良いですし、副業でやってみるのも良いと思います。

コメント